2005年11月11日

二段モーションについて

最近になってやっとスポーツニュースも見れるようになりました

そこで一つだけ
二段モーションについていろいろ議論されているみたいなので、落ちないナックル的にも少しかいてみようかと思います
最近書いていなかったので、お見苦しい点がいくつかあると思いますが、そこのところはご了承下さい!

一つのきっかけになったのは、野球の国際大会、例えばオリンピックとか

あのような世界的な大会の野球の規則と日本の野球の規則に若干狂い、正確には捉え方の違いだと思うが、そのようなものに対応していこうとするのが今回の二段モーションの禁止だと思う

個人的結論をいうなら、禁止すべきではないと思う
但し、極端なもの(国際規則に沿わないものすべて)は省くべきだと思う
ようは国際審判に判断させるのが1番ベストだと思う
そこに日本の審判の審査基準を合わせる
これが1番合理的だと思うし、現場のスタッフも納得いくと思う

俗にいう「グレーゾーン」と呼ばれる基準があってはいけないし、対象となっている選手はこの半年(正確にいうと秋季、春季キャンプ、自主トレ等)で改善しなければならない
二段モーションで成績を上げている選手からしてみれば、「グレーゾーン」ほど恐ろしいものがない
常にボークの不安と戦いながら、マウンドに立たなければならない

審判団も今年からということもあり、審判団自体も困惑気味なのはわからなくもない
しかし、野球の国際化(アジアシリーズも始まった)ということをあげるのならば、もう少し本腰を入れて対策を講じていかなければいけないと思う

皆さんの清き1クリックをお願いします!
posted by sin at 17:07| Comment(1) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも。

ブラウン監督が「アメリカではこの程度ではボークは取られない」って怒ってましたね。

選手たちは「日本のプロ野球」で活躍するためにがんばっている人がほとんどなのに、杓子定規に国際基準を持ち込むのはどうかと思います。

極端な話、「そのフォームでも構わないけど、日本代表からは外されるよ?いいの?」くらいのスタンスでいいのでは?

ボークの懸念でスリリングな野球がなくなるようでは、本末転倒ですからね。
Posted by せつ at 2005年11月11日 19:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9215160

この記事へのトラックバック

二段モ-ション禁止について思う
Excerpt: ロッテ二連勝おめでとー!!! 今日の試合は阪神ファンも応援していてなんかよかったね さてさて、来季から日本球界にまた大きな変化が訪れるんですよ 皆さんもうご存知でしょうが ピッチャーの二段モーション..
Weblog: SAKAMIの勝手な話
Tracked: 2005-11-11 21:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。