2004年09月10日

カットボール

【握り】

ストレートより指を少し外にずらして握る
縫い目は特に決まっていないが、どちらかというと中指によくかかるような縫い目の方が良い

【変化の仕方】

球速がストレートに近く、打者手前で鋭くスライドする変化球で、変化量は少なく、小さく変化するのが特徴である

【投げるメリット】

1.芯をはずしやすい
2.制球がしやすい
3.打者の選球を惑わしやすい

【投げるデメリット】

1.変化が小さいため、甘く入ると打たれる

比較的デメリットが少なく使い勝手が良い変化球がこのカットボールです

正式名、カット・ファストボール
生まれはメジャーリーグ
最初はスライダーの出来損ないで、それに改良を加えたのが今の形です
ボールの回転はジャイロ回転と呼ばれる螺旋回転です
この回転で投げることにより、途中まではサイドスローの投げるストレートのように直線で進みますが、重力によってボールの回転軸が下向きになってくることによって横変化をするため、急激に変化するように見えます

このボールに似た球でまっスラ(ナチュラル・スライダー)というものと高速スライダーというものがあります
この二つとの違いについては厳選記事のカットボールとはで詳しく書いているのでこちらを参考にしてみて下さい

最近になってよく日本でも投げられるようになってきましたが、これは日本の打者のレベルが徐々に上がってきていることを指します
ようはただの変化球の変化量では今の打者を打ち取ることが難しくなってきているということです
なので今の時代、変化球は切れを追求し、いかに打者のタイミングをはずし、打ち損じさせるかというところに重点がいっています
その一つの手段をしてカットボールが出てきました

使い勝手も良く、覚えやすいということもあって、今後さらにカットボール人口は増えると思います

人気blogランキング
posted by sin at 13:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 変化球基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。
最近リベラも歳のせいか、打たれますね。
左バッターにホームラン食うなんてあまり
見たことなかったような。
イチローがヤンキースとプレーオフ戦った
ときなど、終速が落ちないのか、ホップす
るような球投げてましたよね。
またよろしく。
Posted by 頭がスッキリするコラム at 2004年09月24日 20:29
こちらこそ!

そういえば最近リベラの話題を聞きませんね
一時期は無敵でしたが、やはり年には勝てないってことでしょうか・・・
Posted by sin at 2004年09月26日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/576185

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。