2005年03月17日

魔球シェイクボール

ロッテ・小宮山投手が今季から投げ始めて魔球シェイクボール

打者を打ち気にさせて凡打を狙うこの球に多くの打者が翻弄されている

そんな今日はシェイクボールについて書いていこうと思います

まずシェイクボールとはなにか?
という事ですが、はっきりいうと「ナックル」です
これは大方間違いないでしょう

しかし、握りがフォークの握りなので正確に言うならば、

「シェイクボール=フォークナックル」

って言うのがいいんじゃないでしょうか

ではなぜナックルと言い切れるかですが、本当は変化球解説のナックルの項目を見ていただけるとありがたいんですが、簡単に説明すると

1.シェイクボールを投げるとき、小宮山投手の投球フォームが明らかに変わること
2.シェイクボールは球速が遅く、揺れなければ意味をなさない

という2点から判断しました
ボールを揺らすには無回転に近い状態でボールをリリースしなければならない
そのために投球フォームも回転をかけずに、それでいてベースまで届くような投げ方にしなければならない
その他にも打者の心理作用というものも関係しているでしょうけど、このシェイクボールはナックルと同様、決まればそう簡単に打てるものではないでしょう
ただボールが揺れない、変化しないとなれば簡単に打たれてしまいますが(現に1度打ちこまれています)

という感じじゃないでしょうか

いってしまうと無回転フォークのスロー版といった感じですね
それでいてフォームを変えることによって打者心理をたくみに操り打ち気にさせて凡打を誘う
そんな球じゃないでしょうか

ほんとよく考えられた球だと思います

ちなみにシェイクボールの「シェイク」の意味ですが、「震動」だそうです
やはり揺れなければ意味がない
魔球シェイクボールの今後の活躍に期待です!

皆さんの清き1クリックをお願いします!
posted by sin at 12:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シェイクですか。

あれ、広島が使用している那須社のボールだと揺れないそうですね。

もう少し投げ方ばれないようにしないときついのかなって思ってます。
Posted by 前田を目指す者 at 2005年03月17日 17:14
みたいですね
那須社のボールだと全然揺れず、打ち込まれたと本人も言っていましたし・・・

投げ方はあのままでいいような感じもしますが、普通の投げ方に近づけるのはなかなか難しいですね
Posted by sin at 2005年03月18日 01:09
松坂投手も揺れるフォークを投げたらしいのですが同じフォークでしょうか?

俺は全然しらない選手なんですが杉下投手のフォークも揺れたとか聞きます。
やっぱフォークも極めれば揺れるんですねー。
原理的には分かるんですが、いったいどういう握りをしてるやら。
Posted by 電波ブラシ at 2005年03月19日 10:03
今季からスプリット気味にしたっていうフォークですよね

揺れるフォークですか〜
フォークの回転数は、ボールがリリースがされてからミットに収まるまでにおよそ15回転ほどするそうです
ちなみにストレートはおよそ25回転ほどだったと思うんですが・・・
なのでその回転数がより少なくなれば揺れる可能性は高くなるのではと思います

あと握りですよね
正直、指の長さもあると思いますが、深く、それでいて強くしっかり握り、リリース時に指の間から抜けるように投げると回転が少なくなるのではと思うんですが・・・
他にはその人の球質もあるでしょうし、一概に極めれば揺れるようになるというのはいえないと思います
Posted by sin at 2005年03月20日 19:00
崇志さんへ

はっきり言います

迷惑です!

なので対策として閲覧禁止(出来ているはず)にさせていただきました
理由は自分で考えてください
といってもこうなることをわかっていてやっているんだと思いますが
まぁ話すだけ無駄でしょう
なのでこちらから一方的に対処させていただきます

以上!

落ちないナックル sin
Posted by sin at 2005年03月21日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。