2006年09月25日

ドラフト関係あれこれ

今日、ドラフト会議でしたね、高校生の。

結果、中日に愛工大名電の堂上君、楽天に駒大苫小牧の田中君が交渉権を得ました。

中日ファンとしては、戦力としてはとてもいい結果だと思いますが、まぁ、お兄さん、お父さんがいる中での入団となると、ちょっと大変かなぁと思います。
ただ、実力はドラフト選択順位を見ての通り、各球団が皆ほしいと言うほどの選手。
文句はないと思います。

とりあえず、しっかり体を作って、2年後今のレギュラーを脅かす存在となってくれたらと思います。


さて、田中君ですが、個人的にはいいところに行ったと思います。
出場機会に関しては、他のチームよりは多くなるでしょうし、チーム方針も若手中心と、この1年、しっかり体を作って、プロでできる体をつくりあげた上で一軍で経験を積んで、ローテーションを担う選手になってほしいです。


他にもいい選手がいますし、すぐにとはいかないでしょうが、球界を盛り上げてくれるような選手が、ここから一人でも多く出てきてくれればと思います。
posted by sin at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。