2006年09月16日

山本昌、ノーヒットノーラン達成

それもエラー1個だけの準完全試合。

終盤しか見てなかったですが、気迫が伝わってくる、すばらしい投球だったと思います。
何より、四死球がないということがすばらしい。


投球とは球速ではない制球である


ということを証明した、そんな今日の試合だったと思います。
ほんと、心からうれしく思います。

山本昌投手、本当におめでとうございます。
posted by sin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。