2005年03月05日

ムービング・ファストボール

【握り】

特にこれといった握りは存在しないが、ストレートと同じようにもっとも指にかかるような握りが好ましい

【変化の仕方】

ストレート(ファストボール)が細かく変化する
握り方によってはスライドしたり、シュートしたり、沈んだりと様々である

【投げるメリット】

1.打撃の際、バットの芯を外しやすい
2.ゴロを打たすのに有効である

【投げるデメリット】

1.回転が不十分だと棒球になりやすい

おそらく今もっとも大リーグで投げられている球、それがこのムービング・ファストボールです

まず当ブログでのムービング・ファストボールは動く速球であり(すべてではない)、似た変化であるツーシームはムービング・ファストボールの中の限定された球であるというように定義しています
本来この球を変化球の区分にしていいものかと思いましたが、直球系ということでこの球も含めました

日本の場合、ツーシームというと[回転したときに縫い目が2回通るという球]という条件が入り、なおかつ大リーグ挑戦1年目の松井秀喜、松井稼頭央が苦しめられた[シンカー気味に変化するストレート]という印象から、[ツーシーム=シンカー気味に変化するストレート]というイメージが出来上がっています

例外としてカット・ファストボールがあります
これはすでに変化球という認識があるため、いまさらムービング・ファストボールという区分に含むかというところにあります
しかし、大リーグではカット・ファストボールもムービング・ファストボールの中に含めれるのではと考えています
これはアメリカでは[ファストボール]と[ブレーキングボール]という二つの認識しかないためで、日本の[直球]と[変化球]という認識と違うためです
ここまで来ると日本の意識とアメリカの意識の違いになってしまうので、はっきりと言い切ることは出来ません

日本も徐々にカット・ファストボールやツーシームなどが取り入れられて来ています
すぐにとはいかないかもしれないですが、変化球だけでなく、アメリカのような認識が日本にも入ってくる可能性は大いにあると思います
そうなると今のような[直球]と[変化球]という区切り方も変わってくるでしょう

人気blogランキング
posted by sin at 21:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 変化球基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムービング・ファストボール=癖球って事ですか?
どっかの掲示板で岩瀬の直球はムービングだって書いてあったけど、事実だったんですね。
Posted by 電波ブラシ at 2005年03月10日 09:11
ムービング・ファストボール(以下MFB)=癖球ではないと思います

MFBは縫い目を変えたり、指に加える力を変えたりして意図的にストレートに変化をつける球です
なのでクセ球という一つのカテゴリーに含めるのはちょっと強引かなぁと思います

岩瀬の直球がMFBという書き込みがあったということですが、もし岩瀬が意図的にクセ球にしているのならば、MFBでいいと思いますが、そうでなければクセ球という扱いの方がいいと思います
Posted by sin at 2005年03月11日 11:19
sinさんはじめまして。変化球についての専門的な解説が非常にわかりやすくていいですね。これからもちょうくちょくお邪魔します。
Posted by 夢見る人 at 2005年03月20日 17:59
すみません事後報告になりますが、リンクを貼らせて頂きました。とりあえずご連絡いたします。

Posted by 夢見る人 at 2005年03月20日 18:02
コメント、ありがとうございます

変化球解説なんですが、はっきりいって趣味です^^
今まで溜め込んできたものをそのまま書き出したという感じです
こういうコメントをいただくと正直うれしいです!

あとリンクを貼っていただきありがとうございます!
自分も遊びに行きます!
Posted by sin at 2005年03月20日 18:52
ムービングファストボール投げれるようになりました
Posted by 虎龍 at 2005年07月11日 19:45
今年ロッテに入団した荻野投手がありえない握りで動くストレートが武器らしいんですがこれがムービングファストボールというものでしょうか
Posted by 青マリン at 2007年03月19日 17:24
はじめまして。
ムービングファストボールについての説明が
わかりやすかったので、自分のブログの記事に
リンクを貼らせて頂きましたので
よろしくお願いします。
Posted by knob at 2007年09月21日 03:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。