2006年03月19日

日本対韓国戦 第3ラウンド

仕事の関係もあってほとんど見ることが出来なかったワールド・ベールボール・クラシック
そんな今日は開催して初めて最初から最後まで見れるとあって、かなりテンションあがってます

まぁ、この試合にくるまでいろいろあったみたいですが・・・

そんな経緯は置いておいて、この試合で日本が決勝にいけるかどうか決まるということで、日本は全力をもって(今までも十分全力だと思うけど)かんこくと対戦すると思います

まぁ、新聞などで見る限りは数字はほぼ互角な感じですが、日本の方がテレビでちょっと見るプレー姿や得点の仕方を見てると若干プレッシャー感じているかなぁという印象を受けます

そんな中、福留の不振が気になる
中軸を担う選手なだけにその成績はチームの成績に直結する

打ちにいくときにやや背中方向に体が流れているのが気になったはなったんですが

今日の試合、福留の活躍が日本の勝利につながる!
投手陣はおそらく中継ぎの調子さえ見誤らなければ、大丈夫でしょうし、抑えも問題ない
やはり、得点しないことには勝つことは出来ない

韓国には日本野球を知っているイ・スンヨプがいますし、日本が主導権を握ったとしてもひっくり返される可能性は高い

ここはなんとしても先手を取って、得点するしかない
日本野球はこつこつ点を取る野球
そこに中軸が打つことで初めて機能する
そんな日本野球を今日こそ見せて、なんとしても勝って欲しいものです
posted by sin at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15068123

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。